依頼はどこに|売るといっても一筋縄ではない不動産【売却成功へのロード】
玩具の家

売るといっても一筋縄ではない不動産【売却成功へのロード】

依頼はどこに

ウーマン

依頼先とは

建築を建てようと考えた場合に、現在の日本では、大きく分けて2つの依頼先が考えられます。1つは、工務店や建設会社といった、いわゆる施工会社で、もう1つが、設計事務所です。また、住宅の場合には、これにハウスメーカーが加わり、3つの依頼先があるということになります。これらの依頼先には、それぞれに特徴があるため、自分たちにとって、どれが最もふさわしいかを、建て主自らが選択する必要があります。ここでは設計事務所について考えてみましょう。他の依頼先と比較した場合に、設計事務所を特徴づけるものとして、大きく2つのポイントがあります。1つは、工事をする施工会社から独立した存在であるという点、もう1つは、特定の工法などに縛られることがないため、どのような条件にも柔軟に対応出来る自由度があるという点です。

設計事務所に依頼する

設計事務所は、建て主と直接契約を結び、工事を行う施工会社とは独立した存在であるため、建て主の側に立つ専門家という立場で、工事を厳しくチェックするという点では、建て主にとって大変心強い依頼先であると言えます。ただし、施工会社と結ぶ工事契約とは別に、設計事務所とも契約を結ぶ必要があるため、費用の点では、一般に高くなる傾向があると言われています。しかし、設計事務所に依頼せずに、直接施工会社と契約を結んだ場合にも、必ず設計に関する費用が発生しているはずです。つまり、施工会社に直接依頼すると、一見、設計の費用が節約されているように見えますが、工事費の中に紛れ込んでいるというだけにすぎず、実は、それが目に見えるものになっているかどうかの違いでしかありません。設計事務所に依頼するということは、一括で工事費の中に紛れ込んでいるものの中から、本来は建て主の立場に立つべき部分を、目に見えるかたちにしているという具合に考えると、その意義は明瞭になってくると言っていいでしょう。